診療科案内

トップページ > 診療科案内 : 外科・整形外科・形成外科・乳腺外科

外科

概要

外傷などの一般外科、消化器外科学会認定医および消化器内科専門医による、内視鏡下生検術・内視鏡下大腸ポリープ切除術などを実施しております。

最近では、ポリープを切除する為に手術をすることはほとんどなく、内視鏡検査と同時にポリープだけを切除します。 大腸ポリープには、大腸癌になるものもあることがわかっています。

癌になってからでは開腹手術が必要ですが、まだポリープの段階でしたら内視鏡的に簡単に完治できます。 ポリープが癌化していても浅い段階なら内視鏡で完治できます。

主とする対応疾患

  • 外傷など一般外科
  • 皮膚腫瘍(摘出術)、皮膚膿瘍(切開術)
  • 大腸ポリープ(大腸ポリープ切除術)、大腸癌(内視鏡的生検術)

診療内容

外傷を中心とした一般外科のほかに、エコーCT内視鏡による消化器・腎臓などの内科的・外科的疾患の診断と治療、必要に応じては、関連病院との連携を行っております。
神経痛、関節痛に対する漢方薬治療も行っております。

ページトップにもどる

整形外科

概要

腰痛、手足のしびれ、骨折、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、骨、筋肉、関節などの運動機能の疾患や外傷の診察と治療を行っております。
レントゲン撮影、椎間板のMRI、骨密度測定なども実施しております。
物理療法や理学療法士による運動器リハビリテーションを実施しております。

ページトップにもどる

形成外科

概要

形成外科とは、生まれつき、もしくはけがや腫瘍切除後などに生じた皮膚・軟部組織・骨の異常に対し、形態的かつ機能的に再建を図る外科です。
いわば患者様の生活の質(Quality of Life)の向上を目指すことを第一にしております。

主とする対応疾患

  • 顔面外傷全般、四肢体幹部の軟部組織外傷(主に組織欠損が生じた場合)、及びそれらの治癒後に生じた変形(ひきつれやケロイドなど)
  • 母斑・血管腫(いわゆるあざ)を中心とする皮膚色素異常症
  • 皮膚・皮下腫瘍
  • 眼瞼下垂・眼瞼内反などの眼瞼形成
  • 口唇口蓋裂・小耳症・漏斗胸をはじめとする先天外表奇形
  • 後天的に生じる顎顔面変形(いわゆるうけ口といわれる下顎前突症など)
  • 褥瘡や難治性潰瘍、悪性腫瘍拡大切除後の組織欠損や変形に対する再建など

診療内容

形成外科の手術を終わらせても、対象疾患によっては関連病院と連携して治療いたします。

ページトップにもどる

乳腺外科

概要

週1日専門医がご相談や治療に応じます。

ページトップにもどる

地域連携

在宅支援

健康診断

予防注射のご案内

脳ドック外来

面会時間のご案内

慢性期の紹介入院

医療法人松和会
新川中央病院

〒447-0868
愛知県碧南市松江町6-83

Tel (0566)48-0009

交通のご案内